FC2ブログ
しあわせのかたち
日常の出来事をあれこれと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ばあちゃんと話す
以前住んでいたマンションの隣に、スゲェお話好きのばあちゃんがいた

今でも会えば話す

話始めると

「あぁそろそろ帰りたいなぁ…」

ってくらい話す

めずらしくランニングをした帰りに、そのばあちゃんに会ったので少し話した

そしたら、俺が住んでたマンションの隣に住んでたじいちゃんが亡くなったって話を聞いた

このじいちゃんは、そのマンションのオーナーさんのお父さんで、独りで住んでたんだが会えば挨拶はしたし、じいちゃんが台所で鍋を焦がしてマンションの警報器が鳴り響いた時に、電話の手配やら何やらを手伝ったので知らない仲じゃない(引越しする時に電話番号の交換もした)

やっぱりショックだ

その後ばあちゃんは、そのじいちゃんの息子の事、自分の旦那、息子、孫の話、美味しいパン屋の話をしてバス停まで歩いていった
ばあちゃんの足どりはしっかりと元気だった

ランニングでかいた汗が、すっかり乾いて肌寒かった…

帰ってヨメに話したら、ヨメもショックを受けていた

交換した電話には一度も電話していないし、掛かってきたことも無い
一度くらい電話したらよかったかもなと思ったが、過ぎたるは及ばざるが如しだ

人が亡くなると、なぜ悲しいのだろうかね
その人との新しい思い出を創る事が出来ないからではないかなぁ…などと考えた
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://onesf.blog96.fc2.com/tb.php/801-807d5db5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。