FC2ブログ
しあわせのかたち
日常の出来事をあれこれと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悔やまれた四十九の夜

親父が旅立って50日位が過ぎた

神様や幽霊は見た事ないので余り信用していない俺だが、昨晩の夢は何か因果があったのか

親父が出てきた

笑顔の家族に囲まれた親父は、俺に半笑いで
「俺が死ぬわけないやないか、あれは嘘や」
みたいな事を言っていた

ふと見渡すと親父の回りに俺のヨメが居なかったので、ヨメにも知らせようと探しに走ったら起きてしまった

もぅ少し話がしたかったので、ヨメを呼びに行った事が悔やまれた

今度出てきた時は、酒を付き合ってやってもよい

親父に会えた四十九の夜だ

写真はバスのナンバーだ
特に関係は無い
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://onesf.blog96.fc2.com/tb.php/807-b84cdff8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。